甘酒 は夏の季語 ータラオのおいしいー2018/06/27

2、3日前からとても暑い暑い!!

こんな日が続くと

夏の始まりの暑さに

まだ身体がついていかなくて 疲れやすくなり

夏バテ気味になるし食欲もわかなかったり....

 

そんな時には

作り置きしておいた甘酒の原液をそのまま食べたり

ヨーグルトと混ぜたり

牛乳に入れて飲んだりします。

お砂糖の甘さではなく

麹の持つ 自然な甘さはとても美味しく

身体にスーッと沁み入るようです。

 

甘酒というと

冬に温かくして飲むイメージがありますが

甘酒の季語は 夏!!

江戸時代 京都や大阪では

夏の夜にだけ売り歩かれたようです。

 

多羅尾の ばあも毎年夏になると

じいのお米で ばあが作る麹から作った甘酒を冷たくして

「忙しい合間にこそ ちょっと座って飲みよ~」と

出してくれます。

 

甘酒には ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、

システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、ブドウ糖と

非常にたくさんの種類の成分が含まれています。

これは栄養点滴の成分とほぼ同じで

”飲む点滴”と言われている所以ですね。

 

甘酒に含まれる食物繊維や 腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖は

腸内環境改善に

コウジ酸は美白・美肌に効果があるといわれていますが

日頃から麹(コウジ菌)を扱う杜氏さんの手が白く美しいことで実証済みです!

そのほかにも ビタミンC アミノ酸 酵素 ビオチンなど

美白・美肌に効果的な成分が豊富です。

 

人間のエネルギー源となる脂質は 過剰摂取することで肥満の原因になります。

甘酒のビタミンB郡が脂質の代謝(脂肪燃焼)を助けてくれ

ダイエットにも効果的です。

 

この季節にこそ

甘酒を飲む 食べる習慣を!!

これからの暑い毎日を健康に過ごせるために。

麹だけで作った甘酒を

限定30本で販売いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop