ごはん土鍋 -コラボ-2018/04/28

タラオの陶芸家小牧さんにお願いしていた

タラオノイエ用の

ごはん土鍋が焼き上がりました。

タラオノイエご宿泊の お客さまに

美味しいごはんを炊いて召し上がっていただく為の

ごはん土鍋。

 

早速自宅で 「目止め」を

 

土鍋の使い始めには

「目止め」 を行います。

目止めとは使い始めの土鍋でお粥を炊き込む作業です。

お粥を炊くことで お米のでんぷん質が

土鍋の細かい気泡を埋め 水漏れを防ぎます。

 

信楽焼の土は粗土ですので

必ず お粥で 目止めをします。

 

 

「目止め」が終わると

ごはんが炊けます。

 

タラオの じいが作ったお米を

小牧さんの ごはん土鍋で炊きます。

 

ぴかぴか

つやつや

お米一粒一粒が立ち

さっぱりと癖が無く炊きあがります。

いくらでも食べられる 美味しさです。

 

子供たちは 「おかわり おかわり!!」

ほんとに正直 笑

 

連休中にご宿泊のお客さまから。

この ごはん土鍋で ごはんをお出しします。

この時期旬の

春の筍と山菜の炊き込みご飯と

まっしろごはん

「美味しい!」と言って沢山食べていただけたら

とても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

pagetop