里宮神社祇園祭 -タラオの伝統行事-2019/06/20

7月の夏休み前の連休中の

7月14日は

 

多羅尾 里宮神社の祇園祭

 

拝殿前に御幣を束ねたボンテンを立て、

その周りに花飾りが6基並べられます。

花飾りは竹ヒゴに赤や黄色様々な色紙で作った

ボタンやサクラの造花を

竿先の藁束に差し込み形を整えたつくりもの。

花飾りは地区内6組の

おばあちゃん達が中心になり

手作りしたもので高さ5メートルほどにもなります。

見た目にも美しく 迫力満点で

毎年見惚れてしまいます。

 

組ごとに

お花作り名人ぽい方がいらっしゃって 笑

それぞれの個性が出て素敵なのですよ

拝殿でウラヤス舞や神事の後

一斉に花飾りは押し倒され

造花の奪い合いが始まります。

老若男女が入り混じり

竿によじ登り花の奪い合いが続きます。

花飾りに熨斗袋を結わえたものもあって

竿の上の方ほど高額です。

皆さんの迫力が凄くて

娘と私は いつも遠巻きに見学!! 笑

お兄ちゃんは勇敢にも皆さんの中え飛び込んでいきます。

なかなかの皆さんの力闘

迫力がありすぎて

びっくりします。

 

その後のには

餅まきが行われますが

またまた 娘と私は 迫力に圧倒されてポカーン

 

お兄ちゃんが

いつも沢山のお餅を抱えて来てくれます。

 

このお餅は

多羅尾のおばあちゃん おじいちゃんが

つく お餅ですのでとても美味しいのですよ。

我が家ではみんな楽しみにしています。

 

タラオの方々は

花飾りの花を自宅に持ち帰り

玄関先や床の間などに飾り

無病息災を願います。

 

どなたでもご参加いただけますので

連休の7/14日曜日は

是非 多羅尾の里宮神社祇園祭にご参加ください。

 

タラオノイエでは

祇園祭に合わせてのご宿泊も可能です。

プランよりご覧ください。

お問い合わせは

TEL 077-548-8711

taraonoie@yahoo.co.jp まで

 

 

 

 

 

pagetop