りゆこばあ から 息子さんへ -タラオのおいしい-2019/01/09

りゆこばあは タラオの蒟蒻作り名人!!

りゆこばあの蒟蒻は

3年かけて育てた蒟蒻芋から

手作りで作る 蒟蒻

本当に美味しいので

年末には 5.600丁注文が入るみたいです。

おせち料理にも

蒟蒻を甘辛く煮たものを使いますから

せっかくのお正月には

おいしい蒟蒻を

食べたいですもんね。

 

りゆこばあ は いつもシャキシャキ!

私なんかよりも ずっと元気です。

とはいえ 高齢ですので

「なにかあったら タラオノイエ困るやろし・・・」と

気にかけてくれて

 

最近はお弟子さんができ   笑!

りゆこばあの 息子さんが

蒟蒻作りをお手伝いされてます。

 

ついこの前の年末も

ばあと 息子さん2人で蒟蒻を作られていて

ばあは「新米はまだまだへっぴり腰 笑」

と言いながらとても嬉しそうで

なんかいいな と

とても思いました。

 

多羅尾は確実に高齢化が加速しています。

おじいちゃんや おばあちゃんが今までされてきたことは

なににも 変えられない多羅尾の宝です。

すぐに真似もできないし

経験と感覚がものを言うコトばかり

 

こうして受け継いで行くことは

とても大切で素晴らしいことです。

 

息子さん がんばって!!と

蒟蒻を作る姿をみては

応援したくなります。

 

pagetop