多羅尾の野獣 “ラオ” -タラオの伝説-2018/12/06

“えいがと ごはんと タラオノイエと”の為に

多羅尾の伝説の野獣

ラオ(羅尾)や

昭和28年8月に多羅尾で起こった水害の

お話から

 

映画“たびのやまびこ”

監督片野坂くんが

イマジネーションで考えた

伝説とは別の ラオ

 

原案を 片野坂くんが考え

その絵を元に

サークルワークスのスタッフで

作家としても活躍する

もっぴ こと江頭さんが

ぬいぐるみとして

形にしてくれました。

ついついぎゅっとしてしまう

抱き心地の良さと

なんとも憎めない表情  笑

 

娘は一緒に抱っこして

眠っていました。

娘は絶対まだ多羅尾の山にいる!

“ラオ”はいる!といつも言います。

いつか会えるといいね。

わたしも会ってみたいです。

 

もともと昔

“ラオ”は 貧しい其処此処の山村に

沢山いたそうです。

 

優しく穏やかで

決して民を困らせない

 

野獣“ラオ”

 

全長3m  尻尾がフサフサで1.5m

眠る時はそのフサフサ尻尾に包まり

眠る “ラオ”

 

煙草の煙が大好きな “ラオ”

 

多羅尾のみなさんも “ラオ”が大好きだったん

だろうな と

空想します。

 

カラダは大きく 気は優しく

ふわふわ ふさふさ

尻尾もふさふさ

 

そんな

史実にもとづく

“ラオ”を

もっぴが

形にしてぬいぐるみにしてくれます。

愉しみです。

 

pagetop