2月7日は山の神の祭 -行事-2018/02/02

昔は、山仕事(炭焼きなど)が主であったので

山に感謝する意味で、この日は山に入らず

山に入ると、山小屋を焼いたり

怪我をするといい伝えられていました。

しどき(白米を水につけてすり鉢ですったもの)を

つと(藁で作った容器)に入れたものを2つ作り

昔は、多羅尾にあった杉の木とその横の

小さな祠に奉っていましたが

60年以上も前より里宮神社に移し

現在では、しどき一つを里宮神社に

もう一つは注連縄と一緒に山の中で

最も太くて大きい木

(この木を今年の山の神とする)に奉ります。

山仕事に従事している方や

山を所有している方々には

山を守る為の大切な行事ですね。

pagetop