多羅尾という地名 -伝説-2018/02/12

昔多羅尾には

羅尾という獣が多く住んでいたそうです!

「延喜の頃に多羅尾に羅尾という

大いなるけものが住みー中略ー

羅尾というものはすべてばん鳥同じ事にて

大きくばかりなり。ずいぶん人には害せぬ。

まして温順なけものなりて寿命数百年保ち

大いに煙を好むもの故其の名を取りてきせるの

樋管を羅尾と名付けたり。

まして目出度けものなりと後隠岐守兼家は

多羅尾村と名号したり。」〔天平永国記より〕

諸説様々ですが

羅尾という獣の大きく温順で、人には害を与えない

なんだかかわいらしいような

雰囲気のする羅尾から名付けられた

多羅尾 であって欲しいような気持ちがします。

 

 

 

 

pagetop